大きく分けて2つの方法

診察

自分にあった方法を探そう

一重や奥二重で悩んでいる方、目がきつい印象になってしまう、もっとぱっちりした二重になりたいという希望を持っている方は、二重整形で解決することが出来ます。毎日アイプチやメザイクをして対応している方も多いかも知れませんが、すっぴんになってしまえば取れてしまいますし、もっと自分の顔に自信をもちたい、そして自分でカワイイと思える顔になりたいと感じているのであれば相談してみましょう。日本人の多くは奥二重や一重です。弥生顔という区分けがされるわけですが、もちろん日本美人としてとらえる事も出来ますし、そういった顔立ちが好みという方もいます。しかし美人や美男子の象徴と言われているのは二重です。外国人風の顔にあこがれる方も多いですし、そういった顔にあこがれているのであれば美容整形で解決できます。美容外科クリニックでは、埋没法と切開法と大きく分けると2つの方法の二重整形が受けられます。手術というとメスを使って行う少し大掛かりなものを連想する方もいるかもしれませんが、埋没法はメスを使わずに抜糸も必要なく、ダウンタイムも短いので比較的気軽に受ける事が出来ます。永久的なラインではありませんが、効果は十分に感じる事が出来ます。初心者の方にはお勧めです。二重整形は、 眼瞼下垂に関しては保険が適用される事も多いですが、それ以外の内容で希望される場合は保険が適用されない自由診療の項目となります。そのため各美容外科クリニックで設定されている費用にばらつきが出ることもあります。埋没法に関しては5万円を切るところもあります。しかし安ければよいというわけではなく、まぶたを止める点数によっても費用が異なりますし、腫れが少ない糸の留め方の技術で行っている所も有ります。費用が安いというだけで選ぶのではなく、相場をしらべてその範囲内かどうかというぐらいで決めていきましょう。埋没法は5万から10万円程が相場で、切開法は20万円から30万円程度が相場です。切開法はまぶたを切開して縫合するため、抜糸の必要があります。そのためダウンタイムは埋没法より長くなります。しかしその分永久的なラインを手に入れることができますし、目頭や目尻切開などと組み合わせれば外国人のような並行二重にすることも可能です。二重整形ではこのように方法も大きく分けて2つありますので、メリット・デメリットも比較した上で選んでいきましょう。クリニック選びでは、費用以外でも口コミ評判であったり、体験談なども参考にすると良いです。